今夏の『マスク荒れ』対策に!<br>知っておくべき正しいケアとは?

今夏の『マスク荒れ』対策に!
知っておくべき正しいケアとは?

コロナ渦によるマスク生活も、ようやく慣れてきました。『withコロナ』は、夏へ突入し、見通しの立たない状況が続いています。そんな中、「肌がかゆくなる」「ニキビが増えた」などマスク着用による肌トラブルが急増中?! この環境を乗り切るために、マスク荒れの原因とその対策をご紹介します。

マスクによる肌荒れの
原因は大きく2つ

1. 汗やムレによる雑菌の繁殖
ひとつ目の原因は、雑菌の繁殖。口の中には、もともと雑菌が多く潜んでいるため、息をするたび雑菌は排出されています。さらに、くしゃみや咳、会話などでも細菌を含んだ飛沫が発生。マスク内側は無数の雑菌が充満した状態なのです。さらに、呼気によってマスク内の湿度や温度は高く、雑菌にとって都合のいい(繁殖しやすい)環境でもあります。 特に、ニキビが増えた人は、これらが原因の可能性が考えられます。また、蒸れによりふやけた肌は、刺激に弱く傷つきやすい状態。マスク生活による過剰な湿潤環境が、肌のバリア機能の低下につながっていると考えられます。

マスク画像

2 .マスクと肌の物理的な刺激(摩擦)
マスクを着けたり、外したりを繰り返して肌へ刺激が生じ、角質細胞が剥がれやすくなることによって、肌のバリア機能は低下します。やがて、肌のうるおいも蒸散し、ますますダメージを受けやすい状態に。些細な刺激でも傷つくデリケートな肌なっています。

マスクした女性

マスク荒れの軽減をめざす
正しいスキンケア

1. 肌をクリーンに保つ

Step1

汗ばむ季節の洗顔は、ゴシゴシ洗ってすっきりしたくなりますが、マスクで肌はお疲れ状態。バリア機能が低下した弱った肌に、洗浄力の強い洗顔料はNG。帰宅したらうがいや手洗いと一緒に、肌へ負担が少ないジェリーウォッシュのような低刺激性の洗顔料で、肌に付着した汚れを落としましょう。夏場は睡眠時の皮脂分泌も多くなるので、朝の洗顔でしっかり油分除去することも大切です。


2. 赤く炎症した肌をクールダウン

Step2

バリア機能の低下によって刺激を受けた肌は、赤くなり、かゆみやヒリヒリとした痛みが出ることも。そんな時は、肌を冷やしてください。下熱用の保冷シートや、低温を保つための保冷剤を、清潔なガーゼなどに包んで肌に当て、炎症を沈静させましょう。


3. 十分な保湿でうるおいを補給

Step3

紫外線量が増える夏は、室内にいても窓からの強い日差しや、冷房による乾燥トラブルが頻発します。肌の乾燥を防ぐには十分な保湿が大切。まずは、化粧水やエクストラエンリッチのような浸透力※1の高い美容液で、たっぷり水分補給を。さらに、油分のある乳液やクリームなどで補った水分を逃さないよう閉じ込めてください。肌荒れが気になる時には、敏感肌でも使用できる「低刺激設計」のスキンケアをおすすめします。

*1 角質層まで


4. 肌バリア機能を高めるケアをプラス

Step4

マスク疲れの肌には、肌バリア機能(薄くなった角質層とセラミド脂質)を整える有用成分を配合したスキンケアコスメを取り入れてみましょう。マスクの肌荒れに悩んでいたら、まずは、肌バリア機能を高めてくれる保湿型タイプを。ニキビでお悩みの方には、ビタミンCを配合したケアアイテムがおすすめです。

マスク荒れなどの肌トラブルに
おすすめのアイテムはこちら

エンリッチクリーム画像

シグナリフト「エンリッチクリーム」は、“Signa-Peptide® White Plus”※2という肌細胞※3に働きかけ肌本来の能力を引き出す成分により、肌バリア機能をサポート。マスク着用で弱った肌を守ります。敏感肌でも使える新型のビタミンC※4を配合しているので、ニキビでお悩みの方にもおすすめ! 紫外線ダメージをリセットするブライトニングケアもできる高機能クリームです。

※2 保湿成分:チレッタセンブリエキス、ヘキサペプチド-33、スフィンゴミエリン、ダルスエキス、3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸
※3 角層細胞のこと
※4 保湿成分:3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸

まだまだ続くマスク生活。マスク着用による肌への負担を十分理解し、最適なケアとアイテムで、トラブルに負けない肌を育みましょう。